043-238-4618
月火水金:9:30 - 13:00/15:00 - 20:00
土:9:30 - 13:00/14:30 - 17:00  日:09:00 - 13:00
休診日:木曜日
イメージ

一般歯科

治療のご負担を軽減できるように、
できるだけ痛みを抑え・なるべく削らない・
抜かない・歯を残す治療を行っております

患者さまの安心と笑顔のために、
コミュニケーションを大切にしております。
ご説明には専門用語を使わず、
分かりやすい言葉とイラストや画像を使い、
お口の状態に合った必要な治療をご提案すると
ともに、
ご希望に合った治療をご提供いたします。
保険診療内で対応いたしますので、
お口の気になることがございましたら
お気軽にご相談ください。

むし歯治療について

受付女性

大切な歯を残すことを第一に考え、なるべく削らない治療を行います

当院では大切な歯を残すことを第一に治療できるよう努力いたします。
そして、その場で一旦痛みを抑えたとしても放っておくと同じ事を繰り返してしまうリスクがある場合、将来を見据えた治療を行い、患者さまに快適な生活を送って頂けるよう痛みの少ない治療を行います。

むし歯になる原因

1.細菌(ミュータンス菌)

細菌(ミュータンス菌)

ミュータンス菌は歯垢(プラーク)となって菌の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。
その酸が菌の成分である、リンやカルシウムを溶かして歯をスカスカにもろくしてしまいます。

2.糖質

歯が痛い女性

食べ物に含まれている糖質は、ミュータンス菌が酸を作る材料に使われていて、間食が多い方やキャンディーやドリンクなど甘いものをよく摂る方は、歯の表面が酸にさらされる時間が多いため、虫歯の原因となりやすいです。

虫歯の進行段階

1.CO(シーオー)

CO

虫歯のはじまりで表面が溶けてツヤがなくなり、白く濁って見えたり、薄い茶色になったりします。ご自身では分かりにくい症状なので、定期的な検診をおすすめいたします。フッ素塗布等の処置で治療をはかることも可能です。

2.C1(シーワン)

C1

細菌により、歯のエナメル質が溶け始めた状態です。
痛みが無く治療することができ、適切なブラッシングやフッ素塗布等の処置で進行を防ぐことが可能です。

3.C2(シーツー)

C2

本格的に虫歯が進行し始めた状態です。
痛みを感じ始め、虫歯と気づかれる方も増えてきます。
エナメル質より柔らかい為、C2から先の虫歯への進行は一気に加速します。
この段階まで進行すると、歯を削る等の治療が必要となり、削った後は詰め物(インレー)を詰めます。

4.C3(シースリー)

C3

神経にまで進行した虫歯の状態となります。
大きく穴が開き、激しい痛みを伴う為、ほとんどの方が虫歯に気づきます。
この段階まで進行すると、根幹治療などの大掛かりな治療が必要になる場合があります。
根幹治療の最後には被せ物を被せます。

5.C4(シーフォー)

C4

虫歯の最終段階で、C3同様の激しい痛みを感じます。
また、虫歯による菌によって神経が食い尽くされてしまうと、痛みを感じなくなることもあります。
歯の根っこ部分だけが残って歯の見える部分がほとんど解けてしまい、抜歯を検討しなければいけなくなります。
抜歯後は、入れ歯やブリッジなどの補綴治療で歯の機能性・審美性の回復をはかります。

フッ素による虫歯予防のはたらき

  • 虫歯の原因菌の活動を抑制
  • 歯のカルシウムと結びつき、歯質強化
  • 再石灰化のスピードを速め、さらに硬いエナメル質に変化

歯は治療を繰り返すことでもろくなり、1本の歯で5~6回治療を行うと抜歯になるというデータもあります。
ご自身の歯を長く残すためには、毎日の丁寧なブラッシングと歯科医院でのメンテナンスを併用することがポイントです。

健康な歯を残す為には

定期検診

定期的な健診をご検討ください。
虫歯治療は進行が進んでしまうほど、健康な歯を守り辛くなってしまいます。
早期発見・早期治療の為に、いつまでも健康な歯を維持するためにも、定期的な検診や予防していくことが大切になります。

続きを読む

補綴治療(入れ歯、詰め物・被せ物)
について

カウンセリング風景

違和感の少ない素材や、お口のなかで馴染みの良いセラミックを使用し、ご要望に合わせた治療をご提案させていただきます

プラスチックの入れ歯や銀歯だけではなく、違和感が少なく見た目や機能性に優れた素材を使用した治療を行っております。

保険診療では「決められた素材の中で、最低限、噛むことができる機能と見た目の回復」が目的なため、保険のルールや制限があります。

自由診療の場合は、治療に使う材料、治療にかける時間、治療法に保険治療のような細かいルールがありませんので、高性能の材料を使い、時間をかけて患者さまにとってより良い治療を行うことができます。
ご予算やご要望をお伺いし、患者さまに合った入れ歯をご提案させていただきます。

目立つ部分にある銀歯、部分入れ歯のバネ、違和感があり良く噛めない入れ歯、保険治療の金属にご不安がある方はお気軽にご相談ください。

保険診療と自由診療の特徴

保険診療
  • 健康保険が適用されるので、治療費が一部負担となり経済的。
  • 銀歯の素材は金属アレルギー発症のリスクがある。
  • 治療部位によっては目立つ場合がある。
  • 素材や製作方法に制限があるため、違和感があったり良く噛めないことがある。
  • 細菌やプラークがつきやすく、治療した部位の隙間から虫歯ができてしまう。
自由診療
  • 体に馴染みの良い素材(セラミックやチタンなど)が使用できる。
  • 周りの歯や口元に違和感のない、自然な仕上がり。
  • 耐久性があり歯との隙間もできにくい。
  • 汚れがつきにくいため変色しずらい。
  • 全額自己負担のため、保険診療と比べて高額。
続きを読む

個人情報保護方針